クレジットカードとは

社会人になると持っている人も多いのが、クレジットカードではないでしょうか。
クレジットカードも言ってしまえば借金の一種ではあるものの、他の借金に比べてハードルが低い処か、持っていることが1つのステータスとして見られることすらあります。
しかし、その風潮だけに流されてクレジットカードを利用する、というのはやはりリスクがあることです。
リスクなく利用するためには、まずクレジットカードがどのような仕組みのものなのかを知らなければなりません。
当然ではありますがクレジットカードは持っていないお金を出してくれる魔法のカードというわけではありません。
借りているお金である以上、クレジットカードから捻出されているお金は最終的に自分が支払うことになります。
この仕組を理解していないとカードを利用しすぎて後で返済が大変なことになる場合もあるため注意しましょう。

クレジットカードが成立するためには、3つの要素が必要です。
1つは「会員」です。
これは利用者のことで、要するにクレジットカードを所有している皆さんのことを指しています。
利用者がいなければカードは存在できません。
次に「加盟店」です。
これはそのカードを利用することが出来る店のことを指しています。
カードはどこでも利用出来るわけではなく、この加盟店でなければ利用ができません。
そして最後に「クレジットカード会社」です。
この会社がカードを発行しなければ、当然カードは存在しません。
それぞれの関係について見てみましょう。

Copyright © 2014 どうなってるの?クレジットカードの仕組み All Rights Reserved.